読書効果を最大限に高める本の読み方3選|ブログ執筆がサクサク!

Pocket

ブログ初心者
ブログ記事のネタ収集に読書をしているけど、いまいちうまくいかないのです…
タダユキ
読書の効果を最大限に高める方法を意識してやるとうまくアウトプットできますよ!

自己啓発に読書をする人は多くいます。しかし、その本から学んだ内容を明確に覚えている人はごく少数でしょう。

なぜなら、多くの方は分厚い本を読んだことへの満足感で一杯になり、その本から何を得たかよりも読んだという事実に固執してしまうからです。

タダユキ
せっかく投資したのだから、しっかり自分の資産として回収したいですよね。

そこで、

この記事では
読書効果を最大限に高めるための本の読み方をお伝えします。
タダユキ
これまで1000冊以上本を読んできた私が実際に行っている方法なので実践してみてください。
◆Googleから”えこひいき”をされアクセスを稼ぐコンテンツの作り方
誰でも初月から検索1位になって収益を上げ続ける記事の書き方の秘密

ブログ本のおすすめ8選|月間300万PV筆者厳選の初心者向け書籍

2020年6月13日




1.読書は読む前・途中・終わりが重要!身になる読書のやり方3選

読書は読み進めることだけが全てではありません。

もし、あなたが本の内容を理解し、知識として得たいとしたら、読み方がとても重要なのです。

そこでこの章では身になる読書のやり方を3つご紹介します。

タダユキ
ポイントは読書の前と途中と後にそれぞれあります。

1−1.全部覚えるなんて無理!読む前に目次で全体を見る

読書をする時に大切なのは、その本からあなたが

・何を学び
・何を考え
・どう学びを活かすか

を決めてから読むということです。

つまり、読む前にその本の価値を決めてしまうということなのですね。

ただダラダラと活字を追っていても全く脳内には定着せず、読んだ時間だけが無駄になる。

そこで注目したいのが、目次や本の概要ページ(いわゆる前書き)です。

💡ポイント
この概要を見てあなたがこの本から学び活かすことを決めることで、本の役割を明確化し読書の質を向上させることができます。

これにより、自分に必要なところから読むことができ、効率的に読書を進めることになるのです。

1年に100冊以上本を読む方はこれを徹底して行っており、全てを読んだ本は少ないそうです。

タダユキ
50ページくらいで欲しい情報が見つかり読み終えた本があると聞いてびっくりしました。

全てのページを読むことだけが読書ではないので、自身に必要な情報を集中した環境で取り入れることが大切です。

続きが気になるくらいのタイミングでも集中力がなくなってきたと感じたら一度手を止めましょう。

1−2.見てるだけではダメ!記憶に定着させる読み方

タダユキ
例え集中して真剣に本を読んでいたとしても、ただ活字を目で追っているだけでは、記憶への定着は薄くなってしまいます。

私たちは五感を活用して体験することで記憶を高めることができます。

つまり、目だけを使い頭で考えるよりも実際にその内容を体感し、結果を見る方が印象に残りやすいのです。

そこで大切なのが、本の内容を整理し、行動に落とし込むことです。

身になる読書の行動編として以下の2点が挙げられます。

💡ポイント
・自分に必要と考えた箇所のメモをとり、記録に残すこと
・重要どころを付箋でリスト化し復読する
タダユキ
特に付箋やメモ書きが多くなった本は売らずに取っておき、何度も読むようにしています。

振り返ることで新しい気づきを得ることができる本は世の中に多くあります。
記憶に残るように行動に落とすともっと様々な気づきを得られるようになります。

1−3.読んだ直後にすぐ行動!アウトプットで習得しよう

タダユキ
自己啓発系の書籍やいわゆるノウハウ本を読んだ時って、読んだだけで満足してしまうことが多いですよね…

冒頭にもお伝えしましたが、私たちは分厚い本などを読むと読み終わった達成感を味わいそれ以外のことを忘れてしまうという欠点があります。

せっかく良い知識を本から得ることができたのに、それを実行しないのはもったいないと思いませんか?

重要なのは本を読み終えた直後に実際に体を使ってやってみるということです。

✔️ライティングの本を読んだのなら、実際に書いてあったセールスレターを書いてみる。

✔️マーケティングの本を読んだのなら、その中に紹介されていたテクニックのひとつを実際にやってみる。

✔️速読の本を読んだのなら、その本を速読術でもう一度読み返してみる。

など、印象に残ったことを即行動に移すことでその内容を習得することができます。

タダユキ
「学ぶ」の語源はマネをする「まねぶ」からきているそうです。

読書終了直後に体を使って行うことで、内容が自身の中でリンクしてくるのでその繋がりを体感してみましょう。

コラム

本を読む人の多くは目次から読み始めるそうです。
実際にフォロワーさんにアンケートを行ったところ
42.9%の方が目次から読んでいると言うことがわかりました。

購入前に概要までおさえてから買う方もいて本の選び方にも様々な思考があることがわかりました。

タダユキ
私はタイトルと表紙のデザインで決定してしまう衝動買いタイプです。

2.読み終わったら記録で資産に!読書をその場だけにしない行動例

身になる読書の方法を3つご紹介しましたが、読み終わった後はその本の価値を特に引き上げる時間となります。

例えば、その本に何が書いてあってどんなことを学ぶことができたのかをまとめておくことで、そのメモを見るだけで内容を思い出したり、再度本を手に取り調べることができます。

記憶を呼び起こし、繰り返し使えるコンテンツにするためにまとめて資産にするのが大切なのです

タダユキ
そのための取り組みとして私は以下の2点を読書後に行います。

2−1.感想と考察で記憶に残す

記憶が新しいうちに、読んだ内容について考える時間を作りましょう。

タダユキ
私が具体的に行っているのが、“感想”と“考察”で振り返ることです。

1冊読み終わった時に以下の内容について振り返ることで、内容を整理して記憶することができます。

💡ポイント
・得られたものは何か
・どんな気持ちになったか
・結論の先にあるものは何か

この点で書き出したり、Twitterに投稿したり、ブログ記事を作ったりすることで記録と記憶に残す方法をすると資産としてあなたのもとに定着するでしょう。

2−2.達成感しか得られないものはメモで終了

全ての本から無理やり何かを学び取ったとまとめる必要はありません。

今の自分にあっていない本を読む経験は誰しもがあることです。

成長してその先で理解できることもあるし、より知見を深めることでその文章の意味を再認識することができるなんてこともあります。

無理やり自分なりの気づきを“まとめたつもりになっている”本は次に読み返すことがありません。

タダユキ
つまり等身大の自分で響かない本は再度読み返すきっかけがあるまで何もしないのが一番なのです。

そこで重要なのが、また読みたいと思ったときのために何が書いてあるのかを要点だけまとめることです。

簡単なメモでいいのですが、目次と具体的な内容の箇条書きのようなものでも問題ありません。

メモに落として時期が来るまでしまっておきましょう。



3.紙とデジタルどっちが良いの?読書媒体の選び方

最近ではデジタル書籍が多く出回り、読書を専用端末やiPadなどで読まれている方も多いのではないでしょうか?

タダユキ
私もiPadを活用して仕事をしているので、iPadでの読書には興味があります。

しかし、便利だからという理由だけでデジタル書籍を選択するのは待った方がいいかもしれません。

なぜなら、紙媒体の方が記憶に残りやすいという研究結果が出ているからです。

タダユキ
紙VSデジタルの研究はかなりの年月をかけて行われており、現時点ではそのほとんどが“紙の方が記憶に定着しやすく集中してみやすい”というものなのです。

ノルウェイのスダヴァンゲル大学の研究者、アン・マンゲン氏の研究では、50名の被験者に対し28ページの短編小説を読んでもらい、後から重要なシーンを思い出すテストを実施しました。

この時半分の被験者にはKindleをもう半分の被験者には紙の書籍で読んでもらいました。

その後、物語の順番を並べてもらうテストを行ってもらったところ、電子書籍を読んだグループは著しく悪成績を出したのです。

また、アメリカの広告研究家であるハーバード・クルッグマンの研究によると、発光型のデバイスモニタをみることで人間の脳はくつろぎモードになり、細かな点での気づきが著しく低下するとしています。

つまり、集中して読みたいものほど紙を選択した方がいいということです。

タダユキ
そこで私が取り入れている電子書籍と紙書籍の使い方は以下のように分けています。
💡ポイント
・図解やマンガなどの絵をメインでストーリーを把握するものは電子書籍

・活字メインのビジネス本は紙の書籍

どちらも活用方法によってうまく使えるので、ご自身にあった読書スタイルを目指されるといいと思います。

△電子書籍はAmazon Kindleで読むことができます。

4.まとめ

読書の効果を最大限に引き出すための方法についてお伝えしました。

タダユキ
読書がしたくなりましたか?

本を読むことは知識を学ぶことができる数少ない方法のひとつです。自分への時間の投資にもなりますので、ぜひ成果で回収してより良い自分を手に入れましょう。

◆Googleから”えこひいき”をされアクセスを稼ぐコンテンツの作り方
誰でも初月から検索1位になって収益を上げ続ける記事の書き方の秘密

⚠️この記事を書いた人

国語偏差値38でも184万UUのサイトまで育てた人。

仕事大好き社畜ブロガー

月間300万PVのサイト運営→個人ブログ初月収入800円→SNS注力でV字回復→ブログの書き方コンサル30名。

主に「自分の可能性を探る」このカテゴリではTwitterでの発見とブログについてタメになることを淡々とお伝えします。

DMでは、ブログ運営に関する疑問などを受け付けているので気軽にTwitterフォローしてお声がけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タダ ユキ

国語偏差値38でも184万UUのサイトまで育てた人。29歳の社畜ブロガー|月間300万PVのサイト運営→個人ブログ初月収入800円→SNS注力でV字回復→ブログの書き方コンサル30名|主に「自分の可能性を探る」このカテゴリではTwitterでの発見とブログについてタメになることを淡々とお伝えします。DMでは、ブログ運営に関する疑問などを受け付けているので気軽にTwitterフォローしてお声がけください。