やりたいことはやっておこう!好きなことで後悔しない収益化への挑戦|ベンジャミン

Pocket

自分の好きなことでマネタイズをして収入をあげたい!

社会人として本業を持ちながら他の形で収益化を狙うとなると、一番初めに考えるのが趣味や嗜好を軸に活動していこうという思いではないでしょうか!?

ベンジャミンさんも大好きなものでマネタイズするために様々な思考を巡らせています。

この記事では
好きなことでマネタイズをするための向き合い方やご自身の気持ちを行動に示す方法についてベンジャミンさんの経験からお伝えします。
今回インタビューした人
ベンジャミンさん

京都弁でイギリスを毎日紹介 | 訪英10回以上&訪問した町50以上 | 引っ込み思案だった私→イギリスへワーホリに行って積極的に→やってみよう精神でブログを始める | 現在外資系ホテル勤務で毎日楽しく英語漬け→只今開業準備中 | 陸マイラー→2019年JGC取得→来年夏にイギリス旅行予定 | ベンちゃんと呼んでねTwitter




初海外で見つけた”大好き”を活用したマネタイズをしたい

バーフォード(コッツウォルズ)

タダユキ
現在はどのような活動をされているのですか?
ベンジャミンさん
本業をする傍ら、イギリスの魅力を発信するブログを運営しています。旅ブログのジャンルで活動しています。

ブログを始めたきっかけは大好きなイギリス旅行を記録に残そうという気持ちでした。

イギリス旅行が大好きで、かれこれ10回以上は行っていますが、あまり記録に残していなかったのです。

ベンジャミンさん
日記は書いていたけど、途中でやめてしまっていました。
タダユキ
ブログという形で記録していこうと思ったきっかけは何かあったのですか?
ベンジャミンさん
はじめはこれくらいだったら私にもできるかなという軽い気持ちからスタートしています。

去年(2019)年にTwitterで仲良くしている旅行好きな人が書いていたブログを読んだのです。その方は飛行機の旅をより良いものにするために、JALの上級会員になるために飛行機に乗るほどの旅好きな方でした。

タダユキ
上級会員!?
ベンジャミンさん
JALやANAなどの航空会社を頻繁に利用すると、ポイントみたいなのが溜まっていき、ステータスが上がることで、無料で席のアップグレードがされたり、特別ラウンジに招待されたりなどお得意様として、おもてなしを受けることができるのです。

その方が書いているブログを見たら、

ベンジャミンさん
このくらいだったら私にもできるな。

と思ったんです笑。

ホテルや旅行をブログに書いているのを見て、私も初めは趣味を記事にしようと書き始めました。

お金とか関係なく趣味で楽しく書いていましたね。

ソールズベリー大聖堂

タダユキ
ただ現在は収益化を意識されていますよね。何かきっかけがあったのですか?
ベンジャミンさん
本当最初はマネタイズなんて全然意識していなくて…これもきっかけはTwitterです。

去年(2019年)の10月に「もっと上手に記事を書きたいな」と思ってTwitterでブロガーさんをフォローして勉強するようになりました。

飛行機が好きな仲間のブログを見ているときに、「この人いいこと言うな」と思ってチェックしていたんです。

そしたらその仲間が結構Twitterでブロガーさんをフォローしていて、「これはなにかあるな」と思ってその人のフォローさんを私もフォローしました。

その仲間と同じ目線で何かが見えると思ったのです。

ブロガーさんをフォローしていくうちに実際に成果を出されている方と出会っていきました。

ベンジャミンさん
なんでこんなに上手に書くことができるのかなと興味があったのです。

ツイートを見ていると、”稼ぐ”とか”有益な情報”というのが多く書かれていて、それを見て少しずつ情報発信の収益化に魅力を感じていきました。

ベンジャミンさん
私は結構人からの影響で行動変容することが多くて。

「面白そうだなー。」「それで稼げたらいいなー。」と思うようになって、Twitterには”稼げる”と書いてあったので行けると思ったのです。もう直感です。

2020年の4月くらいにマネタイズを意識するようになり、5月に自動化でめっちゃ稼いでいる方の講座を受けました。

この頃は新型コロナウィルス感染拡大の影響で自宅にずっといることが多かったので、ネットで稼ぐマインド系の勉強をして在り方を学び、現在は書き方を学びながらアウトプットしていますね。

帰国への後悔と好きなことを収益化する難しさ

ウィンダミア湖(湖水地方)

タダユキ
いつからイギリスが大好きなのですか?
ベンジャミンさん
高校の修学旅行でイギリスを訪れたのがきっかけです。

初海外がイギリスだったのですが、そこですごく魅力を感じました。

どんなところが好きと聞かれるとうまく言えないのですが、建物が揃っている街の風景とかがなんか癒されるというか、しっくりくる感じで好きですね。

イギリスは風景を大事にする国で、2階から上が日本で言う建築基準法のような法令で同じ雰囲気の建物が続くように設計されています。

その街並みが大好きなのもありますし、そのほかにも人とか雰囲気とか、様々な要素が入り混じっていて好きですね!

タダユキ
そんなに大好きなのにイギリスでは仕事しなかったんですか?
ベンジャミンさん
遊ぶに遊んで大満足で帰ってきちゃったんです。笑

実はワーキングホリデーと語学留学を目的に2年間イギリスに住んでいました。

現在はビザが2年まで取ることができるのですが、当時のビザは1年だけだったので2回いきましたね。

最終的にイギリスと関わる仕事をしたい。
住めたらいいなーと思うくらい好きだと実際に生活してみて感じました。

ただ実際はアルバイトをして戻ってきた形になりました。

2年間、それぞれの理由で行くと決めていましたが、初めの1年は遊びたいという思いが強く、自分を解放したかったんですかね。1年間イギリスに住みたかったのだと思います!

7月8日に入国したんですけど、夏のイギリスを満喫するぞと2ヶ月くらいバックパッカーみたいな活動をしていました。

その後は活動拠点を定めて、日本食レストランでアルバイトやスターバックスでアルバイトをしていました。

ここで”世界で仕事をする”ということが学べた気がします。

様々な国の人がスタッフにもお客さんにもいてその雰囲気で仕事のやりがいもあり、満足していましたね。

もしかしたら、私は世界で仕事しているじゃん!って満足がそのままずるずるいってしまったかもしれません。

タダユキ
実際にアルバイトをされていて日本にはない仕事だなと思ったエピソードはありますか?
ベンジャミンさん
ベジタリアンや宗教の違いから食事を出すことへの意識が徹底されていたのが圧倒的に違いましたね。

もう本当に、ベジタリアンが徹底されているんです。イスラム教の人もいるので豚がダメだったり。

調理にもその影響が出ており、ベジタリアンの人用の包丁や焼くところも違うほどです。

ベジタリアンのところで肉を焼いて怒られたことがありました。世界の食べ物への感覚はイギリスのスタバで養いました。日本では学べないですよ!

人の考え方の違いで言うと、日本と清潔感の感覚が違いますね。

少しゆるいというか…きれいにするだけで「わーすごい!ありがとう」と喜ばれるのです。

ベンジャミンさん
1時間くらい冷蔵庫掃除してましたね。あと、スタバは最低賃金をちゃんと守る!笑

本当に刺激的で楽しく、自分の好きなことを満たしてくれるイギリスが大好きだなと思いましたね。

あそこで定職を見つけて、仕事をしていたらよかったのかもしれませんね。

でも実際は、お金もなくなってきてしまったので、帰国を選択しました。

その選択は今でも後悔しているというか、振り返ることがあります。無理してでも残ったほうがよかったのではないかと思うんです。

ただ当時は、フワフワしていて決められないところは確かにあったので、そのことを考えるとなるべくしてなった選択なのかと思います。

日本に帰ってきたのだからそこは割り切って、日本からでもイギリスに関わることで収益化できたらと思い現在取り組んでいますが、イギリスのことばかりを書いてても稼げないという現実が私に課題として顕在化してきています。

ベンジャミンさん
そこへの取り組みをこれからどんどんトライしていきたいですね。

大好きなイギリスの魅力を一人でも多くの方に

トゥルーピング・ザ・カラー(女王の誕生日のパレード)

タダユキ
これからの目標とその活動のイメージは?
ベンジャミンさん
まだはっきりと筋道が見えているわけではないですけど、旅行好きな方にイギリスの魅力を伝えて楽しんでもらいたいですね。

Lステップというツールを活用してイギリスの情報を発信していきたいと思います。

まだ世間的にはそんなに認知度の高いツールではないので、勉強している最中なのですが、旅行系のブログで発信されている人が独自のLINE@プラットホームでLステップで使われているのをみています。

そのビジネスモデルを参考してイギリスの魅力を発信していってマネタイズしていきたいですね。

イギリスでマネタイズを実現するために現在はTwitterのアカウントを強化していって、イギリスを初めとする旅行が好きな人にその魅力を伝え続けていきたいですね。

まだプラットホームを整えているところなので、これからドンドン頑張っていきたいと思います。

ベンジャミンさん
死ぬ気で頑張っていきます。

編集後記

ベンジャミンさんのお話を聞いて、純粋に大好きだったイギリスが情報発信の軸になるコンテンツに進化していく過程に心惹かれていく自分がいました。

短い時間ではありましたが、彼女から聞いたイギリスの話で”イギリス”という国に興味を持ちました。

この熱意、これからどんな形で花を咲かせていくのか、今後のベンジャミンさんの活躍を応援しています。

◆Googleから”えこひいき”をされアクセスを稼ぐコンテンツの作り方
誰でも初月から検索1位になって収益を上げ続ける記事の書き方の秘密

⚠️この記事を書いた人

国語偏差値38でも184万UUのサイトまで育てた人。

仕事大好き社畜ブロガー

月間300万PVのサイト運営→個人ブログ初月収入800円→SNS注力でV字回復→ブログの書き方コンサル30名。

主に「自分の可能性を探る」このカテゴリではTwitterでの発見とブログについてタメになることを淡々とお伝えします。

DMでは、ブログ運営に関する疑問などを受け付けているので気軽にTwitterフォローしてお声がけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タダ ユキ

国語偏差値38でも184万UUのサイトまで育てた人。29歳の社畜ブロガー|月間300万PVのサイト運営→個人ブログ初月収入800円→SNS注力でV字回復→ブログの書き方コンサル30名|主に「自分の可能性を探る」このカテゴリではTwitterでの発見とブログについてタメになることを淡々とお伝えします。DMでは、ブログ運営に関する疑問などを受け付けているので気軽にTwitterフォローしてお声がけください。