Google検索上位表示のメリットと評価される記事の書き方3選

Pocket

ブログ初心者
やったー。この前書いた記事がGoogle検索10位に入ったぞ!
タダユキ
いいですね!ただ残酷なことを言うと、検索結果は1位にならないとかなりきついですね…

Googleの検索表示を評価して行く時に、1位から10位までの表示だと1ページ目に来るので、TOP 10に入る事ですごい満足される方は多いです。

しかし、検索ユーザーが示す反応はシビアでほとんどの方が検索1位のサイトを見て離脱する傾向にあります。

タダユキ
それだけ1位の記事の影響力は高いということですね。

そこで

この記事では
Google検索が1位にならなければならない理由と、1位を取るための考え方についてお伝えします。
タダユキ
初心者ブロガーは最後まで読んでぜひこの仕組みを理解してください。




1.一番じゃなきゃダメなんですか!?上位表示を取る3つの意味

ブログ初心者
上位表示の大事さはわかるけど、なぜ1位でなければいけないのですか?
タダユキ
ユーザーの動きをイメージするとわかりやすいです。

あなたは自分が抱えている疑問や課題を解決するために検索をかけたとき、どのようにサイトを閲覧しますか?

タダユキ
ほとんどの方は検索結果を1位から順番に見ていくと思います。
💡ポイント
これはGoogle検索が自動的に自分にフィットしたサイトを1位に表示してくれるのを知っている、または何も考えずに1位のサイトをクリックしてしまう心理を利用しているからです。

つまり、1位を取ることでサイトへの流入数はかなり上がるということです。

そこでこの章では検索1位を取ることについて3つの視点でお伝えします。

第1章の内容は音声解説でも聞くことができます。

1−1.サイト閲覧は1位と2位では雲泥の差|クリック率が2倍違う

検索結果において、読者の目に入る記事はどんなに多くても1位〜3位程度です。

タダユキ
つまり上位表示は1位〜3位の記事のことを指します。

その中でも1位はクリック率が別格で、他の記事とは閲覧数にかなりの開きが出るのです。

タダユキ
古いデータにはなるんですけども、クリック率のところで言うと1位は21%程度クリックされることが分かってます。これは2位の11%に比べて2倍近くも違うんですよね。

このような数値を見てしまうと、

ブログ初心者
そしたら残り79%の確率で2位や3位もクリックされる可能性があるじゃん。

と思うかもしれません。

しかし、この2位の11%とていうのは“本当に魅力的なタイトル“を付けられている2位の記事11%がクリックを勝ち取っているのです。

タダユキ
つまり、よっぽど良いタイトルをつけない限り、1位のクリック率には敵わないっていうことなんですよね。

このように数値分析をすると、やはり絶対に1位をとらなければならないと結論をせざるを得ません。

ブログ運営をしているからには、1位を目指して行かなければならないのです。

タダユキ
本音を言えば、10位とか9位とかまであがってきて、喜ぶのも良いと思うんですけども、そこからリライトをかけてさらに5位3位と上がっていって最後に1位を取れるように頑張っていきましょう。

1−2.検索1位が勲章に!権威性を活かして情報発信力を高める

タダユキ
やはりその1位になっている事実が説得するツールとしてすごい有効なんですよね。上位表示を取ることで権威を利用できるのは強みになります。

たかが一時的に1番目に検索結果が来ただけじゃんと捉えられる方もいますが、Googleの検索で1位を取ったということは、日本語での検索結果だとしたら、日本一を取ったことと同じなのです。

ユーザーが何かを解決したいと思った時に、運営しているブログから1位のコンテンツを出しているという事をしっかりと証拠として持っておくことで、コンテンツの中身にも説得力が出るというところが付加価値としてついてくるのです。

タダユキ
実際にビジネスでブログのアクセスを集める方法だとかを情報発信の軸にされてる方は、このような実績は確実に必要な情報にもなってきますし、ノウハウ系やhow to系の情報発信をしている方は、検索1位を取るという検索結果の証拠を残す事でいろんな可能性が生まれます。

このブログでも書いていますが、検索結果1位を取る方法などをお伝えする際にこの実績が本当にあることで、まるまるそのノウハウ、やり方のようなキーワードで1位を取ったプロとして情報発信できる事で読者の信頼を勝ち取ることが重要なのです。

ブログ記事書き方の秘密|初月から検索1位で収益を上げる作り方とは

2020年8月31日
タダユキ
ここで勝ち取った信憑性を武器にマネタイズをしている人は多いので、1位を取ることにこだわりを持つことはブログでマネタイズをする上で重要な項目になってくるのです。

1−3.他のコンテンツにも好影響!上位表示が増えてくる

Google検索で1位の情報を発信している人がそれに関連した情報を発信するとなると、その情報にも信憑性が高くなる傾向があります。

なぜなら関連したキーワードでユーザーのニーズを満たした記事を書き、それが評価されて1位になっていることで、Googleも一般の検索ユーザーもあなたをその道のプロフェッショナルというように評価しているからです。

タダユキ
つまり、その道のプロフェッショナルの方が発信している新しい情報は、信憑性が高いっていうように認識されやすいんですよね。

このように考えていくと、1位の記事で説得力ある内容を発信している人がお勧めの内部リンクを記事内で紹介したら、その記事も同じように評価されやすい傾向にあると仮説が立てられます。

アクセスが集まればそれとなく自然と順位も上がっていくし、実際に読者も他のキーワードで1位を取っている人が書いている情報だからしっかり読もうとしますよね。

ユーザー
タダユキさんが発信されているキーワード選定の記事だからちゃんとチェックしておかないと。

というような心情で記事を読んでくれるようになるのです。

これにより、記事の滞在時間が伸び、その結果Googleからも「この記事はしっかりとよ最後まで読み込まれていてそれでかつ、情報が完結しているから直帰率も高いな。」と評価されることで、Google検索の順位も上がりやすくなるのです。

タダユキ
このように考えていくと、やはり検索1位を取っておくことで他の記事の順位にも影響するという結論づけができるのです。
この順位算出についてはGoogleからもその正式な公表はされていないので、あくまでも仮説ですが、筆者の経験を踏まえて言うと、他の記事が1位でその関連記事も順位の影響を受けていると言うところの部分では間違いなくあると思います。




2.上位表示はユーザー愛!検索意図の明確化で記事に価値をつける3手法

ブログ初心者
検索上位表示を取ることの意味についてはわかったけど、実際にどうすればいいの?
タダユキ
テクニック論などは色々あるけど、大事なのはユーザー愛です。

「ブログ 1位 取る方法」などで検索をかければ、検索上位を取るためのテクニック論などが無料で読むことができます。

しかし、このように上位表示をするための情報が検索で知ることができるのになぜ初心者ブロガーの方は1位を取ることができないのでしょうか?

タダユキ
それは、ユーザーへの配慮がなかったり、検索意図を明確に読めていないなど、テクニックの前段階でつまずいているからです。

コンテンツに価値がつくのは、ユーザーへの想いが形に表れているかどうかです。

この章では、評価される記事を作るために筆者として意識しておきたいポイントを3つに絞ってお伝えします。

この章の内容は音声でも聞くことができます。

2−1.キーワード選定で的確なコンテンツを作る

上位表示したいキーワードで記事を書くときに、そのキーワードの現在の上位表示されている記事を見るのは基本中の基本です。

ブログ初心者
それくらいは僕でもやっていますよ。

ただ多くの人は、この検索の背景を読み解くことを忘れがちです。

💡ポイント
・なぜそのキーワードで検索をかけたのか
・ユーザーはどのような悩みを抱えているのか
・その悩みを解決した先にはどのような未来が待っているのか
・適切で効果的な解決策は存在するのか
・その悩み・課題を解決するためにはどのくらいの期間が必要なのか

など、さまざまな想いをもとに検索窓にキーワードを入れて検索をかけています。

タダユキ
キーワード検索の背景を理解できなければ、例えその解決策をあなたが持っていたとしても適切な順番で伝えることができず、結果的に上位表示できないということは多くあります。

キーワード選定で的確なコンテンツを作り上げることが上位表示をさせる第一歩として必要な項目になるのです。

キーワード選定に関しては、関連記事キーワード選定の羅針盤|成功するブログ構成を固める選び方のコツとはにて詳細に書いていますので、併せてご覧ください。

2−2.ユーザーの行動を促す結論でまとめる

ブログ初心者
事実とユーザーニーズを掛け合わせれば良いコンテンツができるという事ですね。
タダユキ
それでも十分良いコンテンツですが、独自性を出すならば、最終的にユーザーにして欲しいことまで発信しましょう。

ユーザーは検索する時点で、原理原則は理解していることが多いです。

つまり、新しい情報がない時点であなたの記事はユーザーにとってつまらない記事になってしまうのです。

ユーザー
この情報は知っているんだよ。だから僕は次に何をしたら良いのかを知りたいの。

”ユーザーが結果的にどのような行動にチャレンジすれば悩みを解決できるのか”を提案することで独自性を出すのが評価される良い方法です。

行動の提案やユーザーにとって欲しい具体的な手法を伝えることは、その道に精通した人しかできません。

つまり、専門家としての独自性でユーザーへの安心とGoogleへの権威性主張の両方を狙うのです。

タダユキ
上位表示をするにあたり、
Google対策だ!とか、
AI対策だ!とか
SEOだ!
など言われていますけど、実際は答えはユーザーの中にあることが多いです。

最後に背中を押せる内容にするのが一番評価されやすいのです。

2−3.読みやすく理解を深める装飾を意識する

タダユキ
悲しいことに、事実を書き並べただけでは最後まで読まれる良質なコンテンツにはなりません。
タダユキ
滞在時間も評価基準にあると言われているので、しっかりと読み込んでもらうことが大事ですね。

例えば、ノウハウ系の記事などを書くときに、初心者には一から丁寧に伝える内容がとても魅力的ですよね。

しかし、中上級者にとっては一から振り返る理由がなければ、その情報を再度記事として読むことは苦痛になるのです。

タダユキ
もともとほとんどの人は活字を集中して読むことは得意ではありません。
ユーザー
いや、だからそれは知っているって。

の気持ちを、行動する理由とそれを最後まで読み進めてもらう形を作ることが大切なのです。

吹き出しや、枠囲みなどを利用して読みやすい文章を作るようにしましょう。

また、最終的に記事をアップする前にスマートフォンで記事を見るようにすることをお勧めします。

今多くのユーザーはスマートフォンからあなたのブログを読むのが一般的です。

その方に向けてコンテンツを作らなければ、最後まで行き着く前にユーザーは疲弊して離脱してしまいます。

集中して読み進めてもらえるような工夫を意識して装飾をしましょう。

3.まとめ

ここまで、Google検索が1位にならなければならない理由と、1位を取るための考え方についてお伝えしました。

検索上位を維持し続けるためにはユーザーが期待してることの120%以上の価値で提供することを意識しなければいけません。

1位のコンテンツ作成の背景はこれに尽きると思います。

ユーザーへの想いを大事に、自身の強みを情報発信していきましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タダ ユキ

国語偏差値38でも184万UUのサイトまで育てた人。29歳の社畜ブロガー|月間300万PVのサイト運営→個人ブログ初月収入800円→SNS注力でV字回復→ブログの書き方コンサル30名|主に「自分の可能性を探る」このカテゴリではTwitterでの発見とブログについてタメになることを淡々とお伝えします。DMでは、ブログ運営に関する疑問などを受け付けているので気軽にTwitterフォローしてお声がけください。