面接で緊張をほぐす方法9選|自分をアピールするために今できること

Pocket

たっきー
面接ってホント緊張するよね
タダウチユキ
自分の気持ちをしっかり言えるためにリラックスして挑めるといいですね

今日は面接当日。

面接官に自分をアピールして、内定を勝ち取りたい。

しかし、朝起きた瞬間から面接のことが頭から離れず緊張してしまう。

「ちゃんと話せなかったらどうしよう」
「失敗はしたくない」
「考えたことを話せるかな」
ユキ
このような不安が緊張感をさらに高めますよね。

緊張をせずに自分の魅力を伝えるために、

この記事では
面接当日にできる緊張しない方法や、自信をもって当日を迎るまでの過程についてお伝えします。



1.もし緊張してしまったら!?面接当日にほぐす3つの方法

ユキ
採用面接は、自分の将来を決める試験なので、緊張感を抱くのは当たり前です。

そのため、その緊張感を軽減し、少しでも冷静に面接に臨める状況を作り出すことが重要なのです。

そこでこの章では、緊張感をほぐす3つの方法についてお伝えします。

1−1.早く到着して会場周辺を歩く


多くの人は、初めての土地に不安を感じます。

日頃行き慣れていない場所では、自身のペースを作りにくく、居場所がないことで不安を感じるのです。

就活生に話を聞くと、

💡ポイント
初めて行く企業の会場で、自身をアピールしなければならない状況に緊張を感じる方が多いです。

それを和らげるために、少し早めに会場へ到着し、付近を散策することが大切です。

歩くことで、気分転換や視覚から入る情報に注目することで初めて来る感覚が徐々に薄れて行くため、不安が和らぐ効果が期待できるのです。

喫茶店や趣味に触れられる場所、化粧室などを見つけておくと、時間を有効活用することができるでしょう。

ユキ
集合時間のおおよそ30分~1時間前を目処に最寄駅に到着すると良いでしょう。

1−2.落ち着く香りのものを身につける


匂いは人間が気持ちを落ち着ける上で重要な役割を果たしています。

自分の人生に関わる大切な面接試験の前に落ち着く香りを嗅ぐことで、普段の自分を取り戻すことは、とても重要な就活の戦略です。

自分の好きな香りがないという方は、ラベンダーやジャスミンといった緊張をほぐす効果がある香りや、ペパーミントやユーカリといった集中力を増す香りを選択するといいでしょう。

手首や首元にお気に入りの香りをつけたり、ハンカチに湿らせて匂いを嗅ぐなど、香りに触れる状況を作ることで、気持ちを落ち着けましょう。

1−3.緊張していることを面接官に宣言する

どうしても緊張が取れず、面接の時間を迎えた場合は、素直に面接官に気持ちを伝えるのも効果的です。

面接官も同じ人間です。

もしかしたら面接をする側として面接官も緊張しているかもしれませんので、同じ気持ちであることを知ることで、共感してくれたり、面接官自身のことを話してくれるかもしれません。

特に優しい面接官の場合は、

採用担当
「今は緊張されていますか?」

などと声をかけてくれる場合もあるので、本当に緊張しているならば包み隠さず、気持ちを打ち明けるといいでしょう。

2.当日ベストを尽くすために前夜から当日朝にできる対応策3選

私たちが緊張を生む条件として不安やコンディション不良があります。

体調が優れなかったり、不安なことがあるとそのことばかりに気持ちが集中してしまい、自身の力を発揮することができません。

そこで、この章では、当日ベストを尽くすために緊張を防ぐ対応策について、前夜から当日までの流れをご紹介します。

2−1.前夜までに当日必要なものを全て準備しておく


前日や当日になって急に襲って来る不安を招く要素として以下の点が欠けていることがあります。

・会場の場所
・集合時間
・到着後のスケジュール

特に同時に複数社を受験している場合、どの企業の採用面接がどこで、行われているのかまでを把握することができないことが多く、急に不安を招くケースが多いのです。

最低でも上記の三点を確認した上で、記憶しておくことは大切です。

2−2.十分な睡眠時間を確保する


ユキ
睡眠は思考を整理するなど、脳の活動を活性化させる上で重要な役割を担っています。

特に、面接官の質問に対し、瞬時に答えを導き出さなければならない就職面接においては、脳がしっかり働く状態にしておくことは重要です。

面接前日は、早めに就寝し十分な睡眠時間を確保するといいでしょう。

睡眠時間の理想は6~9時間です。

💡ポイント
睡眠のサイクルは90分と言われており、脳や体の疲れを取るために最低限必要な睡眠時間が6時間であることから、6時間以上の睡眠を取ることが大切なのです。

2−3.食事でエネルギーを補給する


面接の開始時間にもよりますが、しっかりと食事を摂り、エネルギーを補給しましょう。

十分な睡眠をとり、脳をリフレッシュした後は、脳を動かすために必要なエネルギーを食事から摂取することで、面接に臨む準備が整います。

ユキ
特に脳のエネルギー源になる糖質と、ビタミンB群を摂ることが良いでしょう。これらは炭水化物や大豆などに含まれるため、簡単に摂れる納豆ご飯やトーストなどがいいです。

朝食がなかなか食べられない方でも、摂りやすい食事を選択して、確実に食べられるようにしましょう。

3.事前準備で緊張しない!前日までにやっておきたい3つの対策

面接当日にベストな心理状態で臨むためには、前日までに準備をしておくことが何より大切です。

ユキ
準備をすることで自信を持ち、それが面接当日のあなたのパフォーマンスを高める要因となるのです。
[/voice]

ここでは、事前準備の流れについてお伝えします。

この記事を読んでいるあなたにまだ時間がある場合は逆算のスケジュールで進めることで良い結果へ結びつくことでしょう。

3−1.一月単位で行動計画を立てる


採用面接で結果を出すためには、行動計画まで落とし込み、ひとつひとつの目標をクリアしていくことが大切です。

これは面接だけに問わず、社会人として結果を出していく上で重要な習慣になります。

採用を勝ち取り、その後の社会人生活において有意義な仕事をしていくためにも、目標を明確にし、計画を立てることで面接でも自信を持つことができます。
面接官に伝える上で十分な情報をまとめ、自分の言葉で伝わる内容に仕上げましょう。

3−2.一度にではなくコツコツ行う

採用面接の緊張感の中であなたがまとめた内容を十分に発言するには、一度まとめてアウトプットするだけでは足りません。

なんども反復することで、より自分の言葉となり、その発言に行動が伴っていくのです。

なかなか短期的に目に見える結果に結びつくことがなくてもコツコツ行うことで、自信を引き出すことができるのです。

月単位で立てた計画をコツコツ実行することで、自分を磨いていきましょう。

3−3.前日は対策をしない

不安を抱くかもしれませんが、計画的に就職活動を勧められたのならば、前日は何もせずリラックスして過ごすことをお勧めします。

前日にあれもこれもと手をつけることは、精神的に不安を生み、さらには体力を使うことで、当日の体調にも影響を及ぼします。

これまでの行動に自信を持ち、当日を迎えられるよう、頭を整理し、リラックスして過ごすようにしましょう。

4.まとめ

面接当日に緊張しないための事前準備と、緊張をほぐす前当日の過ごし方についてお伝えしました。

この記事を見ているあなたのタイミングに応じてこの内容を応用し、面接官に意志を伝えられるようにしましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ユキ

働き方について考えて書く人。就活全敗もブラック企業でトップ成績→人間不信で会社辞める→自己価値UPで自信をつけて復帰→年間100名採用を担当→Twitterとブログでキャリア情報発信|ES添削150名以上!主に「自分の働く場所を見つける」カテゴリを担当します。DMでES・ガクチカ添削無料で受けているので気軽にTwitterフォローしてお声がけください。