stand.fm(スタンドエフエム)はレター活用で双方向に!メリットと活用法をご紹介!

Pocket

スタエフ初心者
stand.fmをやっていると、配信ネタに困ります。
タダユキ
レター機能を有効活用してリスナーさんのリアルを聞くことが有効です。

stand.fm(スタンドエフエム)にはレター機能という匿名で配信者へ質問や配信してほしい内容のリクエストなどを送るいわゆる“お便り”機能があります

stand.fm(スタンドエフエム)を盛り上げるためには、リスナーとしても配信者としてもこのレター機能は有効活用するべきです。

タダユキ
このレター機能を活用することは双方にとってメリットしかないからです。

そこで

この記事では
stand.fm(スタンドエフエム)のレター機能活用のメリットと実際の活用方法についてお伝えします。
タダユキ
この機能を使わない手はないです。




1.質問がそのまま台本に!レターが収録に重宝する理由とは

スタエフ初心者
レター機能をどう活かせば良いのかわからない。
タダユキ
投稿してもらえると収録の時に台本替わりに使えてかなり重宝します。

配信者からすると、リスナーのリクエストを受けることはとても嬉しいことです。

リスナーが現状悩んでいることや解決したいことをリアルタイムで知ることができ、そのレター内容に自分の知識や経験で答えるだけでコンテンツが充実していくからです。

特に、何かの投稿を聴いていてその内容について質問をレターでしてもらうことで、

タダユキ
自分が当たり前だと思っていたこの内容、実は話すだけでも有益情報だったんだ?

という新たな気づきが生まれることもあります。

タダユキ
私自身も配信内容について質問をもらえることで自分の理解度を確認できるし、再度コンテンツを作るときの参考になるのが嬉しいです。

さらにレターは収録時に台本替わりになるので収録の手間も減ります。

タダユキ
実際に画面を見て確認しましょう。

トップページからマイクのアイコンを押し、「収録ボタン」を押すと、下の画像のように画面の右側に紙飛行機のアイコンで「レター」という画面が出ます。

収録画面のレターボタンを押すと、現在アカウントに寄せられているレター一覧が表示されて、今回収録で答えたいレターを選択できるようになっています。

レターを選択すると、収録画面の下部に選択したレターの全文が見られるようになっており、この文章を見ながら収録をすることができます。

タダユキ
特に文章を一度読んでから質問等に答える収録スタイルをとる方にとってレターを見ながら収録できるのは便利ですよね。

2.聞きたいことはどんどん送ろう!知りたいことは送った者勝ち

スタエフ初心者
聞きたいことはあるけど、こんな質問して大丈夫かな?
タダユキ
匿名なので初歩的な質問をしたがために、恥ずかしい思いなどはしません。ただ配信者のことは考えましょう。

リスナーとして有益な情報が欲しいときは、ドンドンレターを送ると良いでしょう。

タダユキ
レターにはコミュニケーション機能がないため、配信者に送られるだけで返信しなくて良いため見やすいし、匿名での送付になるので同じ人が何件送ってもしつこさがないところがメリットです。

特に、ノウハウ系の配信や業界の最先端情報を配信している方へのレターによる質問は、自分の得たい情報を効率的に確保するために有効な手段です。

タダユキ
情報が溢れているからこそ、今の自分にフィットした情報を効率的にとることができるのはstand.fm(スタンドエフエム)の魅力です。

もしあなたが興味のある配信者と出会ったときは、その人のコンテンツを一通り見聴きし、実際に自分が知りたい情報がまだコンテンツとして上がってなかったら積極的にレターを通してリクエストすると良いでしょう。

配信者の目にとまれば、その答えをもらうことができ、無料でコンサルティングをしてもらえるような感覚で何度も聞くことができるので有益です。

3.やってみると簡単!stand.fm(スタンドエフエム)レター機能の使い方

ここまでレター機能をご紹介してきて、配信側もリスナー側にもレターのメリットをご理解頂けたかと思います。

スタエフ初心者
でも、実際にどのようにしてレター機能を活用したら良いの?

この章では、配信者側、リスナー側の2つの視点で具体的なレター機能の活用方法についてお伝えします。

タダユキ
実際にやってみるととても簡単です。

3−1.【リスナー側】投稿を聞きながらレターを送付する方法

リスナーとして番組を聴いている時に思った疑問やリクエストは、投稿を聞きながらすぐにレターとして送付することができます。

実際に聴いている投稿のトップページから紙飛行機マークをタップしてレター入力欄を開きます。

あとは、疑問や解決したいお悩みを書いて送信するだけです。

タダユキ
とても簡単に配信者にレターを送ることができます。

ただし、レターを送る上で気をつけたほうがいいのは、匿名だからといって思いやりのないレターや誹謗中傷の内容は送付しないようにしましょう。

タダユキ
送信先にいるのは同じ人ということを忘れてはいけません。

以下に採用されやすいレターの型をご紹介します。
ご活用ください。

採用されるレター質問事項

・どの投稿を聴いての質問か(投稿タイトルやリンクを載せるとなおよし)
・現状の悩みや課題の提示
・悩みや課題の深刻度を伝える(どうしたら良いか分からなくて困ってます…)
・どのような情報発信をしてほしいか(マインド系、使用方、一般論、経験談など)
・楽しみにしている旨を伝える

3−2.【配信側】リンクを活用したレターを投稿する方法

スタエフ初心者
配信者としてもっとレターが欲しい!

このように感じている方はご自身のレターページのリンクを公開して質問を集めやすい環境を作りましょう。

stand.fm(スタンドエフエム)は投稿からレターを獲得する方法と、レター入力のページを告知してそこで収集するふたつの方法があります。

タダユキ
投稿からのレターはリスナー主体でできますが、配信者としてずっと受け身になっているのはもったいないですよね。

そこで、以下にご紹介する方法でURLリンクを活用してレターページへ招待し、積極的にレターを集めましょう。

stand.fm(スタンドエフエム)のご自身のアカウントから右上の「・・・」の設定画面をタップします。

設定画面の中にある「自分のチャンネルをシェア」をタップします。

copyをタップするとリンクがコピーされるので、ブログや各SNSに貼り付けてシェアすることで認知度を高めることができます。

また、Twitterのアイコンを押すと投稿画面へ移動し、リンクがアイキャッチになった状態で表示されます。

ここから告知文章を打って投稿することでツイート拡散されます。

タダユキ
説明をつけたツイートを固定ツイートにしたり、リンクをプロフィールに貼り認知度を高める方法も有効です。

レターを通してリスナーと双方向にコミュニケーションをとれる状態を作ることであなたのフォロワーさんも増えていきます。

4.まとめ

stand.fm(スタンドエフエム)のレター機能を活用するメリットとその方法についてお伝えしました。

レターを活用したstand.fm(スタンドエフエム)運用は配信者らしさが出て独自性が高まります。

配信者の独自性が高まることで、リスナーにも知りたい情報が提供されるため、再生回数やフォロワーが増えるなどお互いにWin-Winな関係性が生まれます。

タダユキ
ぜひレター機能を活用してリスナーと配信者の双方向コミュニケーションを取ることができる環境を作りましょう。

◆初心者から中級者までが悩むキーワード選定の完全版
キーワード選定の羅針盤|成功するブログ構成を固める選び方のコツとは

◆Googleから”えこひいき”をされアクセスを稼ぐコンテンツの作り方
誰でも初月から検索1位になって収益を上げ続ける記事の書き方の秘密

◆少ないアクセスでもコツコツ成果を引き寄せる記事の作り方
10日で5万の収益化!フォロワー1000人でも稼げる極意の全公開

⚠️この記事を書いた人

国語偏差値38でも184万UUのサイトまで育てた人。

仕事大好き社畜ブロガー

月間300万PVのサイト運営→個人ブログ初月収入800円→SNS注力でV字回復→ブログの書き方コンサル30名。

主に「自分の可能性を探る」このカテゴリではTwitterでの発見とブログについてタメになることを淡々とお伝えします。

DMでは、ブログ運営に関する疑問などを受け付けているので気軽にTwitterフォローしてお声がけください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タダ ユキ

国語偏差値38でも184万UUのサイトまで育てた人。29歳の社畜ブロガー|月間300万PVのサイト運営→個人ブログ初月収入800円→SNS注力でV字回復→ブログの書き方コンサル30名|主に「自分の可能性を探る」このカテゴリではTwitterでの発見とブログについてタメになることを淡々とお伝えします。DMでは、ブログ運営に関する疑問などを受け付けているので気軽にTwitterフォローしてお声がけください。