stand.fm(スタンドエフエム)ベストな配信時間考察!ライブ配信は夜が狙い目!

Pocket

スタエフ初心者
stand.fmで多くの人と繋がりたいけれど、実際にいつライブをするとみんなきてくれるんだろう。
タダユキ
一般的な1日の行動パターンに目を向けると絞れてきますね。

音声配信メディアを使ってせっかく情報発信しているのだから、多くの方に聞いてもらいたい。

このように思うのは配信者として当然ですよね。

特にstand.fm(スタンドエフエム)は収録とLIVEの2つの機能があるため、LIVE機能を有効活用してリスナーとの距離をいかに詰めることができるかがポイントになります。

タダユキ
そうは言っても実際にいつ配信するのが良いのか悩みますよね。

そこで、

この記事では
タダユキが実際に配信して反応がよかったstand.fm(スタンドエフエム)のベストな配信時間とその他の配信者の分析から見えた考察についてお伝えします。
タダユキ
考察+実験結果なので参考になれば嬉しいです。




1.アクティブリスナーさんがLIVEに来る

スタエフ初心者
そもそもstand.fm(スタンドエフエム)のLIVEにはどのような人が来るのだろうか。
タダユキ
基本はアクティブリスナーさんです。

stand.fm(スタンドエフエム)のユーザーでLIVEにくるリスナーさんは大きく分けて以下の2つのタイプに分類されます。

・ライブ配信をザッピングしてお気に入りの配信者を見つける新規開拓派リスナー
・他のSNSで既にファンになっていて決まった人の配信を聞きにいく固定派リスナー
タダユキ
もしあなたが新規のリスナーさんを獲得したいのであれば、新規開拓派リスナーさんを自分の配信で止めて聞いてもらえるようにするのが攻略のカギです。

基本的にLIVEに来るリスナーさんはアクティブリスナーなので、stand.fm(スタンドエフエム)の配信を聞くことを楽しみにしています。

毎日決まった時間帯に配信すること、そしてその配信が居心地が良いものであれば固定リスナーとしてあなたをフォローしてくれるのでまずはそこを目指していきましょう。

アクティブリスナーさんの中には相互フォローを目当てにきて実際には視聴などは全くない人も一定数いるということを理解しておきましょう。

2.アクティブタイムは夜22時から!配信内容によってベストな時間は変わる

スタエフ初心者
アクティブリスナーさんに向けて情報配信することのメリットはわかったけれども、実際には何時に配信するのが良いの?
タダユキ
僕の場合は22時〜がオススメです。

まずはじめに、ライブ配信にもいくつかのタイプが分かれています。
例えば以下のような配信をされている方が多くいます。

・リスナーのコメントを拾いながら進行していく番組型配信
・題目についてリスナーとコミュニケーションをとりながら進めるライブ型配信
・リスナー同士のコミュニケーションの場を提供し、それを楽しむ交流型配信
…他多数
タダユキ
これらのどのタイプで配信していくかによって配信時間は変わってきます。

上記の3つについて配信時間を決めていくとなると、おすすめの時間は以下のようになります。

・番組型配信:22時〜
・ライブ型、交流型配信:23時〜
タダユキ
僕は番組型配信で有益系の情報発信を多めに行っているので、夜の時間を取れる中でまだ比較的集中して聴くことができる22時の配信が伸びる傾向にありました。

23時を回ると、入浴などを終えてリラックスした状態でライブ配信を聴くリスナーが多いため、トピックスもどちらかというと有益系から雑談や共感系の配信が伸びています。

実際に色んな方のLIVEに参加してきましたが、テーマを絞ってそれについてリスナーとコミュニケーションをとりながら時間を共有する配信に多くの人が集まっていました。

タダユキ
配信時間によって内容を変えることで、常にベストな配信時間を確保するという戦略もありですね。

その中でタダユキがなぜ22時をオススメするかというと、stand.fm(スタンドエフエム)で収益化を目指す人にとっては、いかにリスナーさんに聴いてもらって行動を起こしてもらうかが大事なので、行動力が残っているかつ聴いてもらえる時間を選択しているからです。

つまり一番自分がstand.fm(スタンドエフエム)で行いたい目的に応じてリスナーへのアプローチ時間が変化してくるのです。

タダユキ
僕の場合は、副業ブロガー・パパママブロガーさんへの情報配信がメインなので、作業時間の夜を選択しています。さらに情報配信で得た気づきを元にリスナーさんにブログの手直しなどをする時間を作って欲しいので、比較的配信ボリュームが多い中で早い時間帯に配信するようにしています。

LIVE配信の配信数だけで言うならば、夜の12時が配信本数が一番多いです。

これは、LIVEを聴きながら寝落ちする方向けの配信を狙ったり、寝る前の10分だけ聴くリスナーが多いため、そこで視聴数を増やす戦略があります。

タダユキ
寝る前にラジオを聴くという流れは昔からありましたよね。
最近ではSpoonの広告配信などで「寝る前の10分を私にくれませんか?」と寝る前に音声配信を聴くきっかけを作り、結構夜遅くに聴くリスナーが増えることがありました。

そのため、母数だけで言うと24時でもかなりの数のリスナーがstand.fm(スタンドエフエム)にいることがわかりました。

この時間に寝る前ラジオをすることで人間味を出すという目的での配信は効果が見込めるかもしれません。

まとめると、

・行動変容を促す内容は22時
・ゆるく、人間味を出す内容は23、24時

を目処に配信すると良いでしょう。
タダユキは22時にやるのが一番伸びています。

3.配信の長さはどれくらい?LIVE上手な人を真似してみよう!

スタエフ初心者
配信開始時間はある程度分かったけれど、実際に配信の長さはどのくらいが良いのだろうか…
タダユキ
アーカイブに残すかも踏まえて時間を決めましょう。

stand.fm(スタンドエフエム)では、LIVEの配信を放送終了後にアーカイブに残すか残さないかを選択することができます。

タダユキ
つまり、LIVEの内容によって自分のコンテンツ一覧に入れる必要がないものは消すことができるのです。

結論から言うと、LIVE配信の長さにおいてベストがこの時間という答えは配信者のフォロワーによって異なるため“何分”と断言することはできません。

しかし、この疑問解決に向けて参考材料はあります。

それはライブ配信が上手な方を参考にするということです。

タダユキ
僕は日々、配信が上手だと感じる配信者をピックアップして視聴しているのですが、その中で考察した配信時間は以下のようになります。
配信タイプ別のLIVE時間
・番組型配信:30分程度
・ライブ型配信:〜60分
・交流型配信:〜90分

SPP(stand.fmパートナープログラム)の権利獲得を狙った相互フォロー目的のLIVEなどは、配信時間が長ければ長いほど多くの方が視聴するので2時間近く配信されていたケースもありました。

リスナーとのコミュニケーションを取ることが目的のLIVEは配信者のスキマ時間等を活用した配信も含むため短いのもあれば、1時間ほどコメントを拾いながらお話しされている配信者の方もいました。

タダユキ
配信者の力量にもよりますが、集中して話し続けられる時間を目処に配信すると良いでしょう。

4.まとめ

stand.fm(スタンドエフエム)の配信時間について経験と他の配信者の動向を見ながらの考察をお伝えしました。

stand.fm(スタンドエフエム)でも配信者、配信内容によってかなり時間が分かれていました。

タダユキ
どのようなリスナーさんを獲得したいのかで配信者の戦略も変わってくるのですね。

配信目的を再確認してリスナーにとってベストな配信時間を目指しましょう。



◆Googleから”えこひいき”をされアクセスを稼ぐコンテンツの作り方
誰でも初月から検索1位になって収益を上げ続ける記事の書き方の秘密

⚠️この記事を書いた人

国語偏差値38でも184万UUのサイトまで育てた人。

仕事大好き社畜ブロガー

月間300万PVのサイト運営→個人ブログ初月収入800円→SNS注力でV字回復→ブログの書き方コンサル30名。

主に「自分の可能性を探る」このカテゴリではTwitterでの発見とブログについてタメになることを淡々とお伝えします。

DMでは、ブログ運営に関する疑問などを受け付けているので気軽にTwitterフォローしてお声がけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タダ ユキ

国語偏差値38でも184万UUのサイトまで育てた人。29歳の社畜ブロガー|月間300万PVのサイト運営→個人ブログ初月収入800円→SNS注力でV字回復→ブログの書き方コンサル30名|主に「自分の可能性を探る」このカテゴリではTwitterでの発見とブログについてタメになることを淡々とお伝えします。DMでは、ブログ運営に関する疑問などを受け付けているので気軽にTwitterフォローしてお声がけください。